パンツがどんどんなくなる

こどもたちがおもちゃで遊んでる。

次女と目が合った。

ぶるぶる。

「えっ」

なんかふるえた。

「なんかくさーい」

長女が気がついた。

「おならしたの?」

「うん」

しばらくしてから。

「まだくさーい」

「もしかしてうんちでたんじゃない?」

「そうかもー」

恐る恐るパンツをあける。

「うんちついてる!」

べっとりついた。

「もう古いパンツやから捨てて!」

「もったいない!」

ママが怒る。

最近こんなんばっかりで、パンツがなくなっている。



おしまい。
今日も見ていただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
ブログ村の「絵本・児童書」のランキングに参加中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA